Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:16789(0/0)Bot:168472(8/54)
TOP>投稿>喫茶「FlowLight」

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

BLOG PAGE
ブログ(日記)です

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

らくがき帳
お絵かき掲示板

詩・志・姿・思
ポエムなページです

小説おき場
いくつかの物語

投稿コーナー
言葉の投稿場所です

GALLERY
展示物おき場です

用語集
用語集(辞書)です

開発コーナー
自作スクリプトなど

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

** CONTENTS **
コンテンツ別メニュー

処理時間 0.068894秒

BGM PLAYSTOP
雨が降るといいのに……

その呟きはとても
か細くて

その意味合いを
つかみかねたっけ


あの時は、そう……

最初は背中で聞いた
彼女の声が

さめた
アメリカンを口に含む
その一瞬にだけ

よみがえる
窓越しに

行き交う足音が
聞こえてくるよう

広く大きな
その窓が

毎朝、あたしが通う
その理由

温かいレティを
口に含むと

その甘酸っぱい刺激が

少しだけ
あたしを欲張りにさせるの
あれ?

視線だけで、見せた
微かな戸惑いを

あたしは見逃さなかった

お気に入りのテーブルは
いつも同じ

頬を指で掻きながら
カウンターを横切る
あなたの

苦笑い

気付いたかな?

あなたが来るたびに
手に取るその雑誌

ラックをカウンターの
近くに変えたのが

あたしだって
あらやだ……

どうしたんだろ?
お客さん

さっきから
大きなアクビばかりしてる

トントン……

軽く指先であたしの肩をたたく
マスターの悪戯っぽい苦笑い

今でも思い出す……

ピクンとして

お代わりのコーヒーの
あまりの濃さに
目を白黒させた

あのときの

あなたの
驚きようっていったら……
海沿いにはしる国道の
脇に佇む小さな喫茶店

窓は開いているのね

遠くの
カモメの声が聞こえてくる

注文もしないのにやってきた
澄んだアイスコーヒーは

小さな奇跡の味がした

カウンターには品のいい
婦人がひとり

丁寧に笑みを返すのが
苦痛じゃなくて

素直なあたしに驚きもした
どうしても
教えてくれなかった
あなたの

秘密の場所
こっそり見つけた

壁に掛かった沢山の
フォトフレームの幾つかは

照れ屋なあなたの心を映す窓

気さくなウエイトレスが
教えてくれた

最初に飾った写真と
あたしを呼ばないその理由

顔を真っ赤にして
照れ隠しにオーレを頼んだ

あたし……
鼻先くすぐる

カフェの香の魔法が
穏やかに働いて

陽射しの
明るさを感じながら

今日、二度目の
目覚めを迎える

そんな贅沢なことを
ふと考えてしまう
弾む気持ちを
少しの間

ティーカップの上に
漂わせた

昼下がりのCafe

もう少し
もう少しだけ

そう言い聞かして

落ち着いた大人の香で
私をなだめた

アールグレイ
角砂糖の数で
占ってみる

あなたの気持ち

まるでほどけるように
溶けていく

ティーカップと
あたしの心に

軽い仕草で
まわすスプーンが

くすぐったい
髭面の

とぼけた店主はなぜか
近所のおばさんと仲がいい

今日もカウンター越しに
何やらお喋り中

この忙しいというのに

おかげで上手くなったわ
ドリップのタイミング

ところで
何の話をしてたのかしら

え、モツ煮込み作り方?

いったいそれを

どうするつもりなの
喫茶「Flow Lights」
いらっしゃいませっ!
ここは、いわゆる詩の投稿掲示板です。
あなたの言葉を残していって下さいな。

管理者モード:Pass:

NEW BBS TOP HOME ICON HELP PAST L

Page: [Top] [Back] [Next] [Last]
昔の話
From: 星宿 2003/08/26 00:00 ID:AAAA0000[none]
[PIC] 卒業式の前日
君と初めて喫茶店に行った
君と初めて向かい合い
丸い木の椅子に腰掛けて
苦いコーヒーを
砂糖も入れずに大人ぶって飲んだ


・・・・私ね、付き合ってくれって言われてる人がいるの


短かった筈なのに
とてつもなく長く感じた君の沈黙

・・・そう、良かったじゃない
お前も好きなんだろ?その人の事

君はそう言って微笑み
白いクリームの島が浮いているウインナコーヒーを
ゆっくり
ゆっくり
時間をかけて飲んでいた


毎日一緒に帰ってたのに
校門を出て駅までの短い時間だったけど
君と私は心通う友達だった
そう
友達だったんだよね

2年間同じ教室で同じ授業を受け
同じクラブ活動で同じ時を何度も過ごし
電話もかけ合い

周りの友達も
先輩や後輩達も
みんな
君と私は爽やかな恋人同士だと思っていた


お互いに"好きだ"という言葉を一度も交わさず
明日は卒業式
・・・やめろよ、その男(人)
俺と付き合ってくれよ


待っていた言葉は最後まで聞けなかった


そして今
私は君に話したその男の人と
その男の人の子供たちと
幸福に暮らしています
あの時君が"良かったじゃない"って
言わなかったら
私は今どうなっていたのかな?

高校2年の修学旅行の夜
男子だけのホテルの一室で
君が私の事を好きだと
クラスの男子全員に打ち明けたって
最近昔の友人から聞いたよ


なんだか
心の中に小さな青い花がふわっと咲いて
薄荷色の風が吹き
あっという間に散ったような


そんな気がしたよ
Res

Pass:

re:昔の話
From: SAKI 2003/08/26 00:00 ID:AAAA0000
[PIC] 背伸びしていたころのミントな香りが漂ってきます。さすが星宿さん(^^)v
Res

Pass:



途中下車
From: 月猫シーレ 2003/08/26 00:00 ID:AAAA0000[none]
[PIC] 『途中下車』

お気に入りの珈琲屋
うす暗い店内、其々のテーブルに本が読める程度の小さなライト、

静かにクラシックが流れ、自分の時間が戻ってくる・・・

店主が一人で切回しこだわって挽く豆の香りで、店内は吸い込む空気までが珈琲色に染まっている。

その角のテーブルは私が勝手に決めた私の指定席 黙っていてもいつもの珈琲が運ばれる 私が私でいる時間…

目の前に汽車の好きな店主が書いた小さな額があって"途中下車しよう 珈琲しよう"と書いてある 

それをふと"途中下車しよう 恋愛しよう"と読んで苦笑してしまう

途中下車しようとしていたあなた あなたは自信が無く、私には負い目があった

すれ違う感情…時と思い出が飛び去ってゆく錯覚…むなしく空を打つ言葉…

伝わらないもどかしさ…交錯する思い…胸も張り裂ける喪失感…

そして何より悲しいのは途中下車させる原因が私にあったこと 自責と後悔…

私は辛うじて引き止める 引き止める

そうすることがベストなのかどうか迷いつつ…
Res

Pass:

re:途中下車
From: SAKI 2003/08/26 00:00 ID:AAAA0000
[PIC] ありがとうございます、シーレさん。(^^ゞ/ポケットの中で握り締める。あるいは、訪れたはずの……未来への切符。切ないですね、どちらにしても。
Res

Pass:


Page: [Top] [Back] [Next] [Last]


sxBBS ver 2.2 by BVS


Copyright © 2008 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。