Prodused by SAKI

This site is a personal works of "SAKI".
I hope there will be a much of fun contents and funny dreams.
Of coursse that is a future occurrence.
The Watchword is "Picture Yourself".

Count:16379(0/0)Bot:141594(9/14)
TOP>小説おき場>ショートストーリー>雪がとけると

Attention!! Your Access is doubtful of Bot or Crawler.
 当サイトは日本国内からの正当なアクセスがなされることを前提にページを作成しています。
 BOTによるアクセスであると判断した場合は、画像や書庫ファイル、スタイルシートなどを廃した"情報"のみが表示されます。
 もし、そういった心当たりのない方でこのメッセージが表示された場合は、クッキーが保存されない、ユーザーエージェントにBOTを連想させる文字列が含まれている、海外Ploxy経由などの可能性があります。
 できましたら、正当な環境にてアクセスされますようお願いいたします。
 なお、ご不明な点や、どうしても現在の環境でのアクセスをご希望される場合は、メールフォームにて相談して頂ければ善処させていただきたいと思います。

TOP PAGE
サイトトップに戻ります

BLOG PAGE
ブログ(日記)です

はじめに
このサイトの紹介です

更新履歴
このサイトの更新履歴です

掲示板
足跡を残してくれると嬉しい

らくがき帳
お絵かき掲示板

詩・志・姿・思
ポエムなページです

小説おき場
いくつかの物語

投稿コーナー
言葉の投稿場所です

GALLERY
展示物おき場です

用語集
用語集(辞書)です

開発コーナー
自作スクリプトなど

リンク
他サイトへのリンクページです

INDEX
入口ページに戻ります

処理時間 0.113947秒

【雪がとけると】
 今年最後のスキーは、あいにくと天気に恵まれなかった。休憩に立ち寄ったその店は……
 他愛無い小話です(苦笑)


雪がとけると……


 今年最後のスキーは、あいにくと天気に恵まれなかった。

「雪がとけると……

「え?」

 少し滑っては視界を遮る雪に閉口し、休憩がてら立ち寄ったその店は、ゲレンデの中ほどの、まるで背後の林と同化しかねないほど古ぼけた小屋のようなところだった。

 ちょっとばかり暖か過ぎる店内は、まるで霞がかかったように曇っていて、古木を組み合わせて作ったような壁や柱……そこらかしこが、白熱灯のせいだろうか、黄ばんだ色を返している。

「何になる?」

 悪戯っぽいそいつの口元が時折、そうやってはウブなあたしをからかって……目配せと、小さく揺らす人差し指の促す先を覗き見た。
 そこには、奇妙な形のドリップに、髭もじゃの店主が豪快に何やら白い塊を放り込んでいるところだった。

「ひゅ~っ」

 意外なものを見つけたときのあたしの口癖を、何故かとっても気に入ったのだと、そいつは言ったっけ。行儀が悪い、と何度も母に叱られたんだけど。

「あれって?」

(雪よね、あれ)

 そいつは肩をすくめて、面白そうに肯定の仕草を返す。確かに面白そう。

 電熱線で暖めながら、少しずつ溶け出す雪が挽いたばかりの珈琲豆を、それこそゆっくりドリップしていく。きっと店主の手作りだろう。
 だって、あんな形は見たことない。

「知ってたの?」

「まあね」

 ふーん、そういや、こんな人気の少ない雪山を選んだのはそいつだった。

 こんなに待たしたんじゃ、客が逃げるぞ、と……苦笑しながら、たっぷりと時間をかけて褐色の雫がサーバーを満たしていく様子と、それをニヤニヤしながら見守る髭の店主。

 いつしか見入ってしまっていたあたし。

 やっと、運ばれてきたコーヒーを見て、あたしが少し残念そうな顔をしたのに

(気がついたかな?)

 意を決して口に含むと、決して冷た過ぎはしない、それはほんのり甘いアイスコーヒーだった。なんてやわらかい……そっか、

「さっきの答え……

「え?」

 今度は驚いたのはそいつの方、舌を出して笑って見せるのはあたし。

「雪がとけると……『春』になるのね」

「このコーヒーの名前でしょ?」

 うん、と微笑むそいつの顔は、店のぬくもりに馴染んできたのか、ほんのり赤く、まるで子供のように。

 一足早い雪解けの味がしたコーヒーを、両手で包んで味わいながら、そんなそいつの顔を眺めてた。


     - おわり -




Copyright © 2008 The Blue and Violet Storys All Rights Reserved.
当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。